Home 半蔵門病院について 外来診療 入院病棟 人間ドック
最新情報 人工腎臓透析 QOLアップのために 交通案内 サイトマップ
半蔵門病院について〜病院長あいさつ〜
「最新の技術」と「快適な空間」。 高度な技術と誠実な医療を目指します。

院長 灰田公彦 医学博士 灰田公彦 はいだきみひこ
Dr. Haida, Kimihiko

日本外科学会、日本透析医学会、日本人工臓器学会、千代田区医師会理事、産業医、
日本人間ドック学会認定医

昭和46年 日本医科大学卒業
平成元年 半蔵門病院院長

 皇居を臨む『半蔵門病院』は、1975(昭和50)年に開院しました。以来20余年、常に最新の医療技術を携え、皆様の健康を守り続けてきました。
「患者さんに信頼され、広く社会に貢献する病院」を目指し、職員一同、日夜研鑽を重ねています。
 当院は、治療ばかりではなく、精神面をも支えることが医療だと考えています。そのため患者さんやご家族が職員と気軽に語り合えるよう、家庭的で暖かな雰囲気づくりに努めています。
また、物理的・人的ともに最新の医療を提供できるよう、内外の医療ネットワークを活用した体制を整えています。今後も、皆様の信頼・ご要望に応えられるように、尚一層努力してまいります。




Copyright (C)2001 Hanzomon Hospital. All rights reserved.